リバウンドの対策について

せっかくダイエットをしても、体重が戻ってしまっては意味がありません。リバウンド対策を講じることは、とても大事なことです。リバウンドは、ダイエットをしている人のほとんどの場合に起こると言われています。どんな方法でのダイエットであっても、程度の差こそあれリバウンドします。きちんとリバウンドの原因を分析し、対策を練ることが必要です。ダイエットと、リバウンドは密接な繋がりがあるため、ダイエットをする以上はリバウンドします。わずか数sしかリバウンドしなかったという人もいますので、リバウンドの内容は一律のものではありません。ダイエットの直後にリバウンドして、減らした体重以上に太ってしまってという人もいます。それではダイエットをしたことが逆効果です。ダイエットをする時には、リバウンドの対策をしっかり行う事は、ダイエットを成功させる為に大切なものといえます。ダイエットの成功とはリバウンド対策の成功であると言い切る人がいるくらい、リバウンドはダイエットに重要な意味を持っています。リバウンド対策の内容によっては、成功するはずのダイエットが失敗してしまうこともあります。実際にどんなリバウンド対策をするかは、ダイエットの仕方や個人の体質差があります。どんなダイエット方法を実践すればリバウンドが発生しづらいのが、事前にリサーチしておくことが対策の第一歩です。

リバウンドの仕組みと対策

ダイエットをするとほぼ確実に発生してしまうリバウンドには、どんな対策が有効なのでしょうか。リバウンドがどうして起こるのか仕組みについて説明します。リバウンドの仕組みを理解することで、リバウンドの対策を立てることが出来るようになります。もしもダイエットをしようと思ったなら、大抵の場合はカロリー制限をしたり、運動量を増やしたりするでしょう。食事の見直しをしてカロリー過多になりそうな調理法は避け、運動をたくさんするように心がけることがダイエットになります。多くの場合、ダイエットをすると1週間くらいは、すいすいと体重が減ります。リバウンドなんて自分には起きないんじゃないかというくらい、ダイエットがスムーズです。ですが、最初の段階をすぎると急に体重は減りにくくなります。食事を減らし、運動もしているのに、体重の減りが止まるのです。体重が減少しないだけでなく、何かのきっかけでリバウンドしてしまうこともあります。これは、ホメオスタシスが原因です。ホメオスタシスという機能は、緊急時などに食事ができずに十分な栄養が取れなくなった状況に対応する為、体に備わっている機能なのです。摂取したエネルギーは可能な分だけ体脂肪として蓄積し、消費するエネルギーはできるだけ減らすことが、食事量が減った時に人間が取る正しい対応です。どんなにダイエットをしても体重への影響がわずかたせという人は、ホメオスタシスと関係があるかもしれません。ホメオスタシスの働きで、体脂肪の蓄積率が良くなっていれば、リバウンドの危険性も増します。ダイエットをしながらリバウンド対策をするためには、ホメオスタシスが働かないような長期間で取り組めるダイエットをする必要があるのでしょう。

リバウンドの対策をする方法

ホメオスタシスがどのような機能を持っているかをしることがリバウンド対策になります。ダイエットをしている人の多くは、短期間の過激な食事制限によるダイエットをしています。ちょっとしたきっかけでリバウンドしますので、食事を減らしすぎるダイエットは控えましょう。短い期間でダイエット効果が確認できることを前面に押し出して、そのダイエット方法のすごさをアピールするところもあります。リバウンドという観点からいえば、短期間のダイエットは非常にリバウンドしやすいものです。リバウンドが起きると、せっかく減った体重が元の数字に戻ってしまうことになります。1カ月のダイエットで減らす体重は、全体重の5%以下にしましょう。でないとリバウンドしやすくなります。もしも1カ月で体重の5%以上を減らすと、体は異常事態が発生したものと判断し、ホメオスタシスを働かせます。ダイエットの停滞期に入って体重がなかなか減らなかったりします。反対にリバウンドして太ってしまっても、ダイエットを中止して食事を急には戻さない事も大切です。食事制限や運動など、ダイエットのために始めたことは、停滞期に入ってからも続けましょう。1カ月も続けていれば、ホメオスタシスの働きが低下します。前提知識を持たずにダイエット中にリバウンドが起き、停滞期が続くことで自分のダイエットはうまくいかないんだと諦めてしまうと、今までしてきたことがふいになってしまいます。リバウンドをあまり気に病みすぎず、ダイエットをすればまず起きるものだと考えて、気楽にダイエットを続けましょう。リバウンド対策とは、時間をかけてじっくりダイエットをすることです。長続きしそうなダイエット方法を選んでください。